化学・材料科学のためのラボ オートメーション

まだLIMSが必要ですか?

概要

モジュール方式の研究開発インフラ

R&D のデジタル化戦略は、LIMS または ELN のいずれかを展開することだけではありません。モジュール方式であるドットマティクスの統合プラットフォームを使用すると、科学者を単一のシステムに適応させるのではなく、ワークフローの必要な場所に応じて適切な機能が利用できます。

ドットマティクスのラボ オートメーション ソリューションがあれば、科学者は高品質のデータに迅速にアクセスでき、実験装置データをサンプルや実験に関連付けることができます。実験装置データの転送や、退屈で反復的なデータ処理タスクを自動化することでラボの効率を高めることができ、科学者はイノベーションのためにより多くの時間を費やすことができます。また、より完全で高品質なデータへのアクセスを提供することで、データ駆動型の研究開発の基盤を構築することができます。

bg
チャレンジ

課題

project management icon

生産性を高めるには?

ラボの技術者は、実験装置からのデータの取得、繰り返しの前処理および後処理作業やデータの管理に多くの時間を費やしています。ラボの実験装置が同じ種類であることはめったになく、さまざまなファイル形式の管理、制御コンピューター、分析ツールが必要になります。

Clock Icon

すぐに結果にアクセスできますか?

ラボでの作業が完了した後、科学者はすぐに結果にアクセスできますか?複数の装置がさまざまな形式でデータを生成し、さまざまな基準に従って分析を実行しているため、科学者が分析データを効果的に使用して意思決定を行うことが難しい場合があります。

Chemistry Icon

データ品質を向上できますか?

分析データの管理は非常に難しいため、実際にはデータのごく一部しか保持されません。後の段階で結果を再現したり、データマイニング、機械学習・人工知能、その他のデータ駆動型の R&D イニシアチブに過去の分析データを活用したりできますか?

特徴

ドットマティクスのソリューション

icon 実験装置からのデータの取得を自動化

ドットマティクスのラボ オートメーション ソリューションは、実験装置からのデータを安全なクラウドストレージに自動で転送します。このクラウドストレージから、エンドユーザーにデータを提供することで、より迅速で適切な意思決定をサポートします。データは、機械学習/人工知能 (ML/AI) などのデータ駆動型の研究開発でも利用できます。

  • 数百テラバイトのファイルと実験装置のログを取得して同期
  • 実験装置のPCから安全なストレージにデータをアップロード
  • Empower, Unicornなどの実験装置ソフトウェアのシステムからデータを直接取得します。
  • パートナーと共同研究者は結果とレポートをリアルタイムで共有できます。
  • ファイルとデータはクラウドでホストされるデータレイクに安全に保存できます。
  • ドキュメント リポジトリを検索して参照できます。

icon エンドツーエンドのワークフローを構築

ドットマティクスのラボ オートメーション ソリューションは、ドットマティクスの統合プラットフォームに直接接続できます。これは、プロジェクト サイエンティストとデータ サイエンティストがラボのデータに直接アクセスできることを意味し、ラボ技術者は、実験装置から手動でデータを転送する必要がないため、実験に集中することができます。

  • 実験装置のファイルは、サンプルのテスト条件を最初に定義した実験に自動で関連付けることができます。
  • 人の介入なしで新しい実験に自動で実験装置のデータを送信できます。
  • カーブフィットやカーブ分類などの計算が自動的にトリガーされます。
  • 手動による実験の作成、データの読み込み、分析は不要です。科学者は、提示された実験をレビューするだけです。
  • ファイルは RESTFul API 経由で利用可能 – 自動で安全、ロスがありません。

icon データ駆動型の R&D イニシアチブをサポート

  • 実験装置から実験までの完全に自動化されたデータ処理により、人為的エラーが排除され、クリーンなデータが AI/ML モデルに供給されます。
  • 生ファイル、解析データ、結果、分析を含む完全なデータセットは、意思決定やドリルダウンのために簡単にアクセスできます。
  • データセットの作成ルールはカスタマイズ可能です。カスタム ビジネス ルールまたはワークフロー ルールに基づいて自動的に作成できます。
結果

顧客事例

icon マススペクトル中核施設

大手製薬会社のマススペクトル中核施設では、週に700ギガバイトから1テラバイトのファイルを取得して処理するためにBioBrightのソリューションを導入しました。それまでは、科学者が手作業でデータをデータストアに読み込み、手作業で分析していましたが、BioBrightのソリューションを導入したことで、科学者1人あたり週に2~3日の時間を節約できました。

BioBrightのソリューションで…

  • データ収集が 63 倍高速化
  • 科学者は、手動処理に費やしていた時間の 3 分の 2 を節約できました。
  • データは自動的に QC され、ダッシュボードは分析が完了してから数秒以内にレビューできるようになりました。
  • 運用分析とダッシュボードにより、装置のドリフトが検出され、科学者は価値の高いサンプルの新しいシステム適合性メトリクスを開発できました。

製品

このソリューションで使用する製品

iconDarwin Sync

Darwin Syncは、実験装置、クラウド、CRO に接続された PC にインストールできます。

  • ファイルを暗号化し、クラウドに安全にアップロードします。
  • 計測器ソフトウェア プラットフォーム用のダイレクト API 接続 (例: Empower、Unicorn など)
  • クラウド上の安全なデータレイクにファイルを保存
  • ファイルの検索と参照

iconDotmatics Darwin Cloud

ファイルおよびファイルベースではないシステムからデータとメタデータを解析して抽出します。

  • QA/QC ワークフローを定義してデータに適用します。
  • 運用上のインサイトを得るための軽量のダッシュボードと可視化アプリを構築します。
  • BioBright の API ファースト アプローチ (例えば、ELN、画像分析、アッセイ データ管理など) を介して、データを他のアプリケーションに迅速に統合します。

iconDotmatics Studies Notebook

ドットマティクスのStudies Notebookは、幅広い分野の実験を記録、保存、検索するためのフレキシブルな電子実験ノート(ELN)です。

  • 合成化学やタンパク質精製などの高度に構造化された実験だけでなく、標的分子の同定や生物学的製剤開発のためのアドホックな実験にも対応。柔軟なテンプレートは、紙ベースの実験ノートからの移行をサポートします。
  • ドットマティクスのStudies Notebookがあれば、組織内または組織間で複数の科学者による共同作業が可能です。

iconDotmatics Browser

ドットマティクスの Browser は、強力な Web ベースの検索・レポーティングソリューションです。ドットマティクスおよびサードパーティの研究データベース全体を横断した検索ができ、保存場所に関係なく、必要なときにすべてのデータにアクセスできます。

  • 化学、生物学、アッセイ、実験ノート、その他の研究データベースを横断する検索と参照機能。
    部分構造や構造類似性などから検索ができます。
  • プロジェクトレベルおよび個人で、フォーム、ビュー、クエリ、リスト、レポートを作成できます。
  • フォーム、表、チャートで、科学データを可視化します。

iconDotmatics Inventory

Dotmatics Inventory では、サンプル・材料の在庫情報を確認することができます。化学物質、生物学的製剤、実験装置、その関連データを階層化して追跡し、サンプルが研究開発プロセスを経て移動する際のワークフローを管理することができます。

  • 保管場所の階層を定義できます。
  • ボトルやプレートなどの容器に入ったサンプルを保管場所で追跡できます。
  • 研究材料、試薬、アセットの管理ができます。
  • 検査用サンプルを分配するための分注ワークフローの管理ができます。
  • 監査証跡機能付き。
  • 他の企業データと併せて在庫情報を検索し、レポートを作成することができます。

iconDotmatics Cascade

Dotmatics Cascade は、組織内の複数のチームまたは共同ネットワークを横断して、タスクのリクエストと割り当て、サンプルの進行状況を追跡・管理します。

  • アッセイの実行や分析などの利用可能なサービスと、それに関連するチームを定義することができます。
  • 科学者は、サービスのリクエストを作成し、化合物を提出することができます。サービスマネージャ
  • は、実行リクエストを管理、グループ化、割り当てを行うことができます。
  • 科学者は、リクエストを受け付け、実験を作成し、自動入力して実行できます。
  • チームでリクエスト状況を確認し、化合物やサンプルの進行状況を確認することができます。