生物学的製剤の開発

マルチモーダル創薬をサポート

test
概要

化学と生物学を組み込んだインフォマティクス

ライフサイエンス企業は、さまざまな天然由来の生物学的製剤や化学修飾された生物学的製剤の開発への投資を大幅に増加させています。しかし、多くの企業では、生成されるプロセス、実験、エンティティ、大量のデータを追跡するのに苦戦し、共有ファイルやスプレッドシートにデータを取り込むアドホックなプロセスを使用しています。

ドットマティクスのソリューションは、学際的・部門横断的なプロジェクトあっても、すべての生物由来データやプロセスを記録して追跡することができます。分析ツールを使用すれば、プロジェクトの進行に関する最適な意思決定を行うことができます。

bg
チャレンジ

課題

collaboration icon

共同研究

生物学的製剤の開発プロジェクトは、部門、科学分野、物理的な場所、時には会社を横断します。プロジェクトを効率的に遂行するためには、リクエスト、データ、結果がすべてのメンバー間でシームレスに流れる必要があります。

最適な意思決定

プロジェクトチームのすべてのメンバーは、保存場所に関係なく、許可を得たすべてのプロジェクトデータにリアルタイムでアクセスし、プロジェクトの進行に関する最適な意思決定を行う必要があります。

実験室のワークフローを効率化

実験装置からのデータ収集・分析を自動化し、部門横断的な各ワークフローをシームレスに接続する必要があります。

特徴

ドットマティクスのソリューション

icon 部門横断的なワークフローに対応

生物学的製剤の開発ワークフローは複雑で反復性が高く、企業内の異なるチーム間、または協力組織間で多くのハンドオフを必要とします。

ドットマティクスのソリューションは、すべての生物学的製剤開発のワークフローに対応します。生物学に特化した電子実験ノート(BioELN)、生物由来データ登録、サンプル管理、アッセイデータ管理、作業依頼システム、検索、可視化・データ分析アプリケーションがあります。

ドットマティクスのソリューションは、各ワークフローをシームレスに接続します。例えば、BioELNのインターフェースから、新しいエンティティをワンクリックで登録システムに作成することができます。作業依頼システムでは、チーム間のワークフローを作成して監視することができます。ダッシュボードでは、すべてのチームメンバーがプロジェクトのステータスとワークフローを監視することができます。

icon 分子生物学者のためのワークフロー

分子生物学者は、生物学に特化した電子実験ノートであるBioELNで実験を記録し、そのデータを直接Bioregisterに送信することができます。Bioregisterは、DNA、RNA、タンパク質、抗体、抗体薬物複合体、プラスミド、化学修飾されたペプチド、ヌクレオチド、細胞株、ユーザー定義のエンティティ等の生物由来エンティティを登録するためのアプリケーションです。Bioregisterは、エンティティとその属性だけでなく、エンティティ間の関係性も記録します。ユーザーは、サンプル、クローン、ベクター、精製、発現情報を記録し、タンパク質生産プロセスを管理することができます。サンプルが利用可能になると、Cascadeを使用してアッセイサービスを依頼できます。Bioregisterに保存されたエンティティは、BioELNから直接アクセスすることができます。

icon サンプル管理者のためのワークフロー

サンプル管理者は、Inventoryを使ってBioELNから送られたサンプルを受け取ることができます。また、サンプルのライフサイクルを管理し、検査用のアリコートやプレートを配布することができます。ドットマティクスのプラットフォーム内のRESTful Webサービスによって、BioELNからInventoryの多くの機能に直接アクセスすることができます。エンドユーザーの科学者は、ユーザーインターフェースを変更せずにワークフローを合理化することができます。

icon アッセイ担当者のためのワークフロー

アッセイ担当者は、Studiesを使って一次、二次、DMPKアッセイからデータを取得して分析することができます。Vortexではアッセイの高度な可視化、統計的分析も可能です。

検証済みのアッセイ結果はチームに直接公開することができます。

Cascadeを使用して、サンプルやプレートをリクエストすることができます。

StudiesはBioELNと同じフレームワークを使用しています。

icon 意思決定支援

BioELNの実験が公開されるとすぐに、実験、配列、その他の生物由来エンティティ、サンプル、アッセイを含むすべての研究データをBrowserで検索することができます。

Vortexはグラフィカルなインターフェースで、バイオインフォマティクス分析を可能にします。スクリプトを書く必要はありません。配列のアラインメントやクラスタリング、配列と活性の関係の評価、それらの予測モデルを構築するための手法、統計解析、プロジェクトデータの高度な可視化などができます。この機能があれば、プロジェクトの進行について十分な情報に基づいた迅速な意思決定を行うことができます。

リアルタイムのダッシュボードは、プロジェクト管理の意思決定をサポートします。

icon 共同研究に最適

ドットマティクスのソフトウェアは、共同研究ネットワーク全体でのコラボレーションに最適です。実験や研究データはリアルタイムで共有でき、イベントフィードやダッシュボードには最新のステータスが表示されます。また、コラボレーションツールやコミュニケーションツールを使って共同研究を効率化することができます。

製品

このソリューションで使用する製品

iconDotmatics Browser

ドットマティクスの Browser は、強力な Web ベースの検索・レポーティングソリューションです。ドットマティクスおよびサードパーティの研究データベース全体を横断した検索ができ、保存場所に関係なく、必要なときにすべてのデータにアクセスできます。

  • 化学、生物学、アッセイ、実験ノート、その他の研究データベースを横断する検索と参照機能。
  • 部分構造や構造類似性などから検索ができます。
  • プロジェクトレベルおよび個人で、フォーム、ビュー、クエリ、リスト、レポートを作成できます。
  • フォーム、表、チャートで、科学データを可視化します。

iconDotmatics Vortex

ドットマティクスのVortexは、意思決定支援のための高度な科学データの可視化・解析ソリューションです。データ操作、統計分析、洗練されたプロット機能で、サイズの異なる複雑なデータを分析できます。ケムインフォマティクス、バイオインフォマティクスにも対応。

  • 大規模で複雑なデータセットの処理・精製ができます。
  • 共有可能なワークスペースと再利用可能なテンプレートが使用できます。
  • 数値、テキスト、画像、化学構造式、生物由来の配列データに対応。
  • チャートや表で、高性能でインタラクティブな可視化ができます。
  • 大規模なデータセットの処理ができます。数千の記述子による数百万の化合物の表や、全ゲノム配列を含むセルなど。
  • データマイニング、統計、ケミインフォマティクス、バイオインフォマティクス分析機能。
  • さまざまな種類のファイルからデータの読み込みが可能。Browserを併用すると、さまざまなデータベースからデータを直接読み込むことができます。

iconDotmatics Bioregister

ドットマティクスのBioregisterは、シーケンスベースの生物由来エンティティ、化学修飾された生物由来エンティティ、構造式ベースではない生物由来エンティティを登録するためのWebベースのアプリケーションです。研究組織はエンティティの一意性を確保し、知的財産を保護することができます。

ドットマティクスのBioregisterは、DNA、RNA、ペプチド、タンパク質、抗体、コンジュゲート、非天然ペプチド、ヌクレオチド、プラスミド、細胞株、ユーザー定義の生物由来エンティティなど、幅広い生物由来エンティティの管理をサポートします。また、ユーザーは、これらのエンティティのバッチやサンプル、精製および発現情報、その他のタンパク質生成データを記録することができます。

  • 化学修飾された配列や構造式ベースではないエンティティ、関連する属性データや系統を含む生物由来エンティティを記録し、管理します。
  • 天然および非天然のエンティティの化学記述を生成します(可能な場合)。
  • エンティティの一意性を判断し、登録番号を割り当てます。
  • タンパク質の発現、精製、特性評価など、エンティティの生産に関連するデータを管理します。
  • 生産されたタンパク質のバッチとサンプルを記録し、関係性を追跡します。

iconDotmatics Studies Notebook

ドットマティクスのStudies Notebookは、幅広い分野の実験を記録、保存、検索するためのフレキシブルな電子実験ノート(ELN)です。

  • ドットマティクスのStudies Notebookは、科学者が実験を記録、保存でき、チームメンバー全員と簡単に共有できる電子実験ノート(ELN)です。また、IPの保護と監査が可能で、署名ワークフローを定義することもできます。
  • 合成化学やタンパク質精製などの高度に構造化された実験だけでなく、標的分子の同定や生物学的製剤開発のためのアドホックな実験にも対応。柔軟なテンプレートは、紙ベースの実験ノートからの移行をサポートします。
  • ドットマティクスのStudies Notebookがあれば、組織内または組織間で複数の科学者による共同作業が可能です。

iconDotmatics Studies

ドットマティクスの Studies は、ハイコンテンツ(HCS)・ハイスループット(HTS)から用量反応・DMPKまで、あらゆるタイプのスクリーニング実験を記録および分析するための、スクリーニングデータ管理ソリューションです。

  • プレートベースおよび非プレートベースのアッセイの分析プロトコルを定義できます。
  • すぐに使えるアッセイプロトコル、カスタムアッセイプロトコル、カーブフィット計算、プレートリーダー、再利用できるプレートレイアウト機能。
  • 大容量のアッセイデータを管理。
  • 結果を自動で分類するためのルールを定義できます。
  • スクリーニングプロトコルを適用して結果の検証、実験の作成・処理を自動化。
  • 処理が完了して検証されると、スクリーニング結果は Browser を介してチームと共有されます。

iconDotmatics Inventory

Dotmatics Inventory では、サンプル・材料の在庫情報を確認することができます。化学物質、生物学的製剤、実験装置、その関連データを階層化して追跡し、サンプルが研究開発プロセスを経て移動する際のワークフローを管理することができます。

  • 保管場所の階層を定義できます。
  • ボトルやプレートなどの容器に入ったサンプルを保管場所で追跡できます。
  • 研究材料、試薬、アセットの管理ができます。
  • 検査用サンプルを分配するための分注ワークフローの管理ができます。
  • 監査証跡機能付き。
  • 他の企業データと併せて在庫情報を検索し、レポートを作成することができます。

iconDotmatics Platform

ドットマティクスのPlatformは、ドットマティクスのすべてのアプリケーションを構築するための共通のプラットフォームで、シームレスなエンドツーエンドのワークフローが構築できます。

ドットマティクスのPlatformは、クラウド、オンプレミスで展開が可能。オープンなアーキテクチャのため、ワークフローにサードパーティ製のソフトウェアを統合することができます。ドットマティクスの Browserを併用することで、企業内、外部のデータを横断参照することもできます。

ドットマティクスのPlatformは、1つのプラットフォーム上にある統合ソリューションです。共通のデータモデル、コード、アーキテクチャを使用しているため、メンテナンスとアップデートが簡単。複数の技術やアーキテクチャを持つアプリケーションのプラットフォームと比較して、総所有コストを低く抑えることができます。

  • 各ワークフローをシームレスに接続します。
  • 管理者は、ユーザー、グループ、アプリケーション、設定を管理できます。
  • 自動化とサードパーティ製のソフトウェアとの統合のためのAPIを提供します。
  • ドットマティクスの Browserを併用すると、企業内、外部のデータからの横断参照ができます。