bg img
この記事をシェア

ドットマティクスは、科学情報ソフトウェアとサービスを提供する世界大手のプロバイダーで、最新で高度なコラボレーションを可能にし、モバイルを駆使する科学環境に向けたソリューションを提供しています。

ドイツのライプニッツ研究所が新たなお客様に


img

ドットマティクスは新しいお客様としてライプニッツ研究所(Leibniz Institute for Natural Product Research and Infection Biology, Hans Knöll Institute)を歓迎したことを発表いたしました。今後はライプニッツ研究所の抗感染症薬の研究開発におけるデータ主導の意思決定をサポートいたします。弊社のプラットフォームのアカデミックライセンスは、科学者に研究データへのシンプルでリアルタイムのアクセスとレポート機能を提供いたします。Vortexと組み合わせれば、高度な分析機能とデータ可視化機能が利用できます。

当部門の責任者であるDr. Florian Klossは次のようにコメントしています。「ドットマティクスのVortexを使用すると、科学者は豊富で柔軟な可視化環境で大規模なデータセットを分析し、感染症の新しい治療アプローチの準備ができます。」

ドットマティクスの営業担当VPであるErran Twiggは次のようにコメントしています。「ライプニッツ研究所がドットマティクスと協力して、研究者がすべてのR&Dデータを活用したより良い意思決定ができるようになったことを嬉しく思います。」

ライプニッツ研究所について

ライプニッツ研究所(Leibniz Institute for Natural Product Research and Infection Biology, Hans Knöll Institute)は、微生物などの天然物と病原性真菌の感染生物学に関する研究を行っているドイツの研究所です。1992年に設立され、2003年からライプニッツ協会の会員になりました。