bg img
この記事をシェア

ドットマティクスは、科学情報ソフトウェアとサービスを提供する世界大手のプロバイダーで、最新で高度なコラボレーションを可能にし、モバイルを駆使する科学環境に向けたソリューションを提供しています。

アルケマ社が研究開発デジタル化パートナーとしてドットマティクスを選定


img

  • デジタル・コンティニュイティを確保し、多様なワークフローやデータへのアクセスとセキュリティを向上
  • フランスにあるアルケマ社の研究拠点の800人のユーザーにプロジェクトを展開

 

Bishop’s Stortford、英国、2021年3月30日:科学的発見とイノベーション研究のための実験室データワークフローの自動化を推進する科学情報ソフトウェアおよびサービス企業であるドットマティクスは、特殊材料の世界的大手企業であるアルケマ社から、研究開発デジタル化プロジェクトにおけるインフォマティクス・パートナーとして選ばれたことを発表しました。フランスにあるアルケマの研究拠点にドットマティクスの電子実験ノート(ELN)を導入する予定で、800人のユーザーを対象に5年間の契約を締結しました。

化学業界では、実験室のワークフローをデジタル化する動きがありますが、今回の契約では、研究開発データへのアクセスをモダナイズし、新製品の設計期間を短縮するというアルケマ社のプロジェクトをサポートします。その目的は、すべての実験データのデジタル・コンティニュイティを確保し、統計、計算、モデリング、人工知能を駆使した化学・材料科学のイノベーションを加速させることです。

ドットマティクスは、アルケマ社の研究者に、実験の記録、エンティティ登録、サンプルの追跡、データの検索、データ分析を含む完全なELNソリューションを提供します。ドットマティクスの統合プラットフォームは、アルケマ社の合成化学、フォーミュレーション、ポリマーなどの各種ワークフローに対応します。また、同社の研究者が研究開発データを追跡、共有、保護、活用できるようにし、外部パートナーとのコラボレーションを促進します。

ドットマティクスのCEOであるSteve Gallagher氏は次のようにコメントしています。「弊社が研究開発デジタル化プロジェクトのパートナーとして選ばれたことを大変嬉しく思います。また、アルケマ社が弊社のグローバルな科学コミュニティに参加することを歓迎します。ドットマティックスのELNを導入することで、アルケマ社の研究者は貴重な企業の研究開発データを活用できるようになります。Webベースの迅速なデータの取り込み、検索、取り出しと、高度な分析を組み合わせることで、グローバルな意思決定をサポートし、科学者のイノベーションをサポートします。」

アルケマ社で研究開発のデジタル化を担当するサイエンティフィック・ディレクターのGérard Guilpain氏は次のようにコメントしています。「ELNは、私たちの研究所で発生した実験結果を処理するための基本的なデジタルビルディングブロックです。我々は、仕事のアプローチをモダナイズし、グループの研究データからより迅速に価値を得るために、デジタル・コンティニュイティの空間としてクラウド・インフラストラクチャを使用することができるドットマティクスを選択したことを嬉しく思います。」

 

Media Contact Dotmatics Media Contact Arkema
Sarah Jeffery
Zyme Communications
E:
sarah.jeffery@zymecommunications.com
T: +44 (0)7771 730 919
Véronique Obrecht
Arkema
T: +33 1 49 00 88 41