bg img
この記事をシェア

ドットマティクスは、科学情報ソフトウェアとサービスを提供する世界大手のプロバイダーで、最新で高度なコラボレーションを可能にし、モバイルを駆使する科学環境に向けたソリューションを提供しています。

Insightful Scienceがドットマティクスと力を合わせ、 業界をリードするクラウドファーストの科学研究開発会社を設立


*合併会社は1億ドルをはるかに超える資産再評価余剰金を生み出し、研究室のソフトウエアとデータ管理の将来に大きな変革をもたらす

*100万人を超える研究者の研究とラボの効率アップが可能に

*世界中の研究者の間の迅速なデータのアクセス、交換を促し、最終的に顧客の競争力が向上

世界中のライフサイエンスコミュニティーにサービスを提供している優れたソフトウエアプロバイダーInsightful Scienceは22日、業界をリードするクラウドベースの科学研究開発データ管理プラットフォームを提供するドットマティクスを買収する取引を行ったと発表した。

Insightful Scienceのソフトウエアアプリをドットマティクスのクラウド型エンタープライズデータ管理ソリューションに統合することで、同社はエンドツーエンドの科学研究プラットフォームを提供できるようになる。この組み合わせにより、世界中の科学者間のより迅速なデータへのアクセス、分析、交換が容易になり、実験室の効率がさらに向上、科学的イノベーションのペースが加速する。

Insightful Scienceは、ライフサイエンス向けの専用データ分析およびバイオインフォマティクスアプリを提供するソフトウエア企業である。同社のポートフォリオは、世界中の学術機関、企業、政府機関の100万人の様々な研究者の役に立っている。Insightful Scienceポートフォリオ内の製品の例には、GraphPad Prism、DNAデータ分析ソリューションGeneiousSnapGene、その他の主要な研究開発ソリューションが含まれている。

ドットマティクスは、ライフサイエンス、化学、材料業界全体の科学的発見とイノベーションのためのラボデータ・ワークフローのデジタル化を推進している法人向け科学情報SaaSプロバイダーである。

Insightful ScienceのThomas Swalla最高経営責任者(CEO)は「今回の発表は、研究室のソフトウエアとデータ管理が将来、大きく変わることを示唆している。われわれの補完ビジネスは共に、エンドツーエンドのクラウド型科学研究プラットフォームを構築しており、それはデータ主導型の研究をサポートする総体的な能力において際立っている。当社は、科学的イノベーションを加速させ、最終的には世界をより健康的でクリーンで住みやすい場所にするために当社が与えることのできるインパクトに大きな期待を寄せている」と語った。

ドットマティクスの共同創業者兼CEOであるSteve Gallagher博士は「製薬、バイオテクノロジー、化学イノベーション企業が今日直面している最大の課題は、ラボで生み出された膨大な量と明るい兆しに満ちたデータをいかに管理するかだ。今回の提携により、当社はドットマティクスのプラットフォームへの投資を拡大し、優れた法人向けインフォマティクスソリューションプロバイダーとしてのブランド力を高めることができる。Insightful Scienceの優れた生物製剤アプリを当社顧客に提供し、彼らの発見プロセスをさらに加速させることもできる。さらに、 ドットマティクスのクラウドとコラボレーション機能を、既にInsightful Scienceのツールを使用している100万人を超える研究者の多様なコミュニティーに届けるチャンスも得た」と語った。

▽未来の研究室の進路を描くためのデジタルトランスフォーメーション

科学研究とイノベーション研究開発は、極めて重要な変革の最中にある。科学的知識や、医薬品の発見、化学、素材のイノベーションの増大は、かつてないほど速いペースで進んでいる。研究プロセスは、トランザクションやプロセス主導からデータ主導に変わった。その結果、研究者はこれまで以上に多様なデータセットを分析するため、ますます強力で総合的なインフォマティクスツールを必要としており、研究室や企業は、研究者がこうした知見の力を活用できるよう、より優れたワークフローとデータ管理ソリューションを必要としている。AI分析と意思決定を支える、最もクリーンで最適な注釈付きデータを持つ企業こそが、この新たなパラダイムの中で成功を収め得る立場にあると言えるだろう。

▽取引の詳細

Insightful Scienceは、Insight Partnersの株式非公開のポートフォリオ企業で、高成長のテクノロジーとソフトウエアのスケールアップ企業に投資している世界有数のベンチャーキャピタル・未公開株式投資企業である。

Insight PartnersのJeff Liebermanマネジングディレクターは「この2つの企業の組み合わせは、市場にエキサイティングかつ新たなソリューションをもたらした。今回の発表と提携は、ライフサイエンス、化学、素材産業にとって大きなチャンスだ。われわれは、当社の将来だけでなく、市場をリードする他のプラットフォームがエンジニアリング、デザイン、後期医薬品開発で成し遂げてきたことを、当社がライフサイエンスと化学的イノベーションのためにしていく明確な道筋に関して極めて楽観的だ」と語った。

ドットマティクスのAlastair Hill共同創業者兼最高情報責任者(CIO)は「Scottish Equity Partners (SEP)による初期の成長エクイティ投資以来、当社はサポートを受けながら事業拡大と製品イノベーション推進で目覚ましい成果を上げてきた。ドットマティクスの成長が次のエキサイティングな段階に入るに当って、彼らのサポートと、今回の取引で助言をしてくれたJefferiesに謝意を表したい」と付け加えた。

今回の取引ではEvercoreが財務顧問を務め、Willkie Farr & Gallagher LLPがInsightful Scienceの法律顧問を務めた。Jefferies International Ltdは、ドットマティクスの顧問を務めた。

Scottish Equity Partners(SEP)は、欧州を代表する成長株投資企業で、企業、消費者向けソフトウエア、テクノロジー企業に投資している。

SEPのパートナーKeith Davidson氏は「ドットマティクスがクラウド型の優れた科学研究開発データプラットフォームへと成長する手助けができたことをうれしく思う。チームの前途を待ち受けるチャンスにワクワクしており、彼らの今後の成功を祈っている」と語った。

規制当局の認可が得られれば、取引は2021年第2四半期に完了する予定。完了までは、両社は独立して事業を継続する。

img