意思決定支援のためのドットマティックス

decision-support-banner.jpg

十分な情報に基づいて研究プロジェクトにとって最善の決定を下すために研究者に求められているのは、

  • 組織内外双方から関係するすべての科学データを迅速かつ容易に収集し、管理する
  • データを視覚化し、分析を用いてデータ内の情報を理解する
  • 分子、生物由来物質、配合組成または使用する素材をデザインまたは選択して、次に作成および試験する
  • 専属のチームまたは外部のパートナーと協力してプロジェクトの進捗を決定する

しかし、研究機関では多くの場合、データがサイロデータベースに管理されているため簡単に手を伸ばしてデータを集めることが困難な状況にあります。また分析ツールや視覚化ツールを使用するには特別な技術が必要とされ、デザインツールは研究者が日常的に使用する実験室システムと別にされています。そのため研究者は関係するデータや分析から総合的に見て最善の決定をすることになります。意思決定支援のためのドットマティックス・ソリューションは、データサイロを分解し、研究者とそのプロジェクトチームがデータを容易に収集、管理、分析、視覚化出来る統合ツールを提供します。
 

Browser2-sml.png

データサイロの分解

研究データはしばしば、異なるベンダーの共通の化学物質レジストリ、あるデータベースの化学物質レジストリ、他のバイオロジカルレポジトリ、第3のスクリーニング結果、他のADME / PK等を含むサイロデータベースに管理されており、他のベンダーから隔離されています。したがって、研究者がこれらのデータソースに関して検索を要する場合、マニュアル作業で時間がかかり、エラーを起こしやすいプロセスとなります。ドットマティックスBrowserは、化学的データベース検索の統合化のために、ドットマティクスシステムのデータも他のインフォマティクスベンダー(Perkin-Elmer、IDBS、BIOVIA、Chemaxonなど)のデータも同じく、これら全てのデータソース全体にわたるインフラストラクチャを提供します。シンプルで設定可能なクエリー対フォームのユーザーインターフェースにより、研究者はどこにどのように保管されているか考える必要なく必要なデータを全てすばやく検索することができます。データはフォームまたはテーブルビューで参照できます。

Vortex1-sml.png

簡単なビジュアリゼーションと分析

データを収集した後、データの可視化と操作によって保持する情報を明らかにすることは科学者にゆだねられています。ワンクリックでBrowserのヒットリストがVortexに送信されるとデータテーブルが作成され、それによってチャートやグラフが迅速に作成され、統計を適用してデータの傾向を分析します。科学者はインタラクティブなフィルターを使用することでデータセットをはっきりとさせ、次回の実験を知らせるメンバーにズームインします。もう一度ボタンをクリックすると、この選択がBrowserに新しいヒットリストとして戻り、フォローアップアッセイなど、次の実験に提出できる状態になります。 

Vortex2-sml.png

ケミインフォマティクス・インテリジェンス

研究プロジェクトが低分子創薬、ケミカルリサーチ、物質配合の場合でも共通して、ドットマティックス・ソリューションは分子データの検索と分析に必要な化学インテリジェンスを備えています。Browserは、化学データソースに関する部分構造および類似検索をテスト結果の検索と連係させ、解析用のデータセットを素早く収集し、化学特質を実験データと同時に計算および検索することを可能にします。Vortexの構造はライブであり、2Dまたは3D化が可能です。
 Vortexは、Rグループ分析、ケミカル・クラスタリング、分子ペアの組み合わせなどといった広範囲なケミインフォマティクスの物性計算と解析ツールを提供し、2D-SAR(構造・活性関係)プロットなど専門プロットを使用して、結果の表示と探索を行います。

Vortex3-sml.png

バイオインフォマティクス・インテリジェンス

Browserがバイオロジクス・リポジトリに接続されている場合、生物学的活性などの他のソースと同時にシーケンスデータベースを検索することができます。Vortexのシーケンスは、さまざまな表示形式でインタラクティブに表示できるライブオブジェクトであり、シーケンスアラインメント、シーケンスクラスタリング、ORF(オープンリーディングフレーム)検出などの解析は、新規のBSAR(バイロジクスシーケンス活性相関)技術と同時に利用が可能です。

vortex-bsar.jpg

コラボレーションとチームの意思決定

科学的な意思決定はチームとしての行動であるため、プロジェクトチームは共通の視点と分析を共有し、容易に結果を共有出来ることが重要となります。Browserはプロジェクトを基盤としており、Browserチーム内では共通のプロジェクトフォーム、クエリ、結果を共有できます。個人もクエリや結果を他のチームメンバーとすばやく共有することができます。更にVortexは、一般的なデータのビューのテンプレートを定義する機能、またはワークスペース全体を共有する機能の共有をサポートします。

D4O1-sml.png

科学をMicrosoft Officeに取り込む

Excel、Word、PowerPointは多くの研究者のお気に入りのツールですが、それだけでは科学的データの読み込みや処理が不十分です。Dotmatics for Officeにより、Browserのデータソースからドキュメントやスプレッドシートに直接データを移行することができます。たとえば、ワンクリックでWordにプロジェクトの化学構造 - アクティビティテーブルを作成したり、PowerPointのスライドに化学シリーズ結果の作成ができます。マイクロソフトオフィスの構造がライブになることで、Excelはプロパティの計算において強力な化学スプレッドシートとなり、Rグループ分析を実行し、パラレル合成ライブラリをエミュレーションすることが可能になります。同僚からコーポレートIDのアウトルック電子メールをもらっても、すぐに化学構造に変換することができます。Dotmatics for Officeを使用することで、マイクロソフトオフィスは意思決定プロセスに不可欠な役割を担います。

このソリューションの製品