ドットマティクスのソリューション

 

抗体創薬

従来の2つの重鎖タンパク質配列と2つの軽鎖タンパク質配列を持つ標準抗体に加えて、現在では無数の抗体由来の治療タイプがあります。これには、二重特異性および三重特異性、抗体薬物複合体、融合タンパク質が含まれます。 Dotmatics Platformは、サイエンスに特化した順応性の高いプラットフォームであり、抗体創薬において発生する膨大なデータを正しく処理することができます。

 

生物学的製剤開発

製薬企業とバイオテック企業は、多種多様な生物学的製剤や化学修飾された生物由来物質の開発への投資を大幅に増加させてきました。ドットマティクスは、生物学的製剤の開発をサポートし、研究チームがより効率的に作業を進めるためのインフォマティクス ソリューションを提供します。

 

化学・材料科学のイノベーション

研究者は、研究プロジェクトにおける意思決定を正しく行うために、組織内外から必要なデータを迅速かつ簡単に収集し、キュレーションを行う必要があります。ドットマティクスは蓄積されたデータの高度な可視化と分析を可能にし、化学・材料科学のイノベーションを加速させます。

 

共同ネットワーク研究

今日の研究プロジェクトは、多様な製薬、バイオテック、CRO、学術機関が、個別サービスから大規模なコンソーシアまで、幅広い共同ネットワークを通じて実施されることがよくあります。こうした共同ネットワーク研究においても、ドットマティクスのインフォマティクス ソリューションは、リアルタイムでのデータ交換、コミュニケーションの強化、プロジェクト管理、さらにはパートナー間の意思決定までも可能にします。

 

意思決定支援

ドットマティクスの意思決定支援ソリューションは、データサイロを解消し、研究者とプロジェクトチームがデータを収集、キュレート、分析、視覚化し、意思決定を支援するための統合ツールを提供します。

 

ラボラトリーインフォマティクス

ドットマティクスのラボラトリーインフォマティクスがあれば、低分子や生物学的製剤の創薬、ファインケミカルや農薬、食品、飲料、香料などの一般消費財の実験において、研究者は必要な情報(実験記録、エンティティ、サンプル及び試験等)を効率よく取得できます。完全に統合されたワークフローによって、研究を進めるためのチーム内外でのリクエストやプロジェクトマネジメントが可能になります。

 

低分子創薬

ドットマティクスのソリューションは、ヒットおよびリードの同定、リード最適化、候補選別までの低分子創薬をサポートします。完全に統合されたラボラトリーインフォマティクスの機能により、実験結果や分子、サンプル及びアッセイを集積します。意思決定支援ツールではプロジェクトデータの収集、分析及び可視化を可能にします。これらを併用することで、プロジェクトチームは効率的にデータに基づいた適切な判断を行うことができます。

Request a demonstration or
ask us a question