Cloud

Cloud

クラウドコンピューティング及びストレージ

モバイルテクノロジーでは共同作業、出先でのデータアクセスと決断、処理能力の向上やレビュー時間の削減ができます。クラウド上でのドットマティックスプラットホームでは複数のシステムやデータソースを統合する事ができます。

組織はウェブブラウザを使用してクラウド上にある専用の全ての社内ソリューションに、安全にアクセスできます。それによりユーザーは関連情報の全ての包括的な閲覧ができ、より良い情報で化学的及びビジネス的な決断ができるようになります。

クラウド上のドットマティックスプラットフォームはアマゾンウェブサービス™ (AWS)で稼働しています。データセキュリティはゴールドスタンダードのAWSインフラを使用することで保証されます。ドットマティックスのソリューションはAmazonの管理する世界中のデータセンターにインストールでき、ユーザーの望ましい場所にデータを保存できます。

何ができるか

ドットマティックスプラットフォームでは多くの専門分野にわたるグループを通して全ての科学データや機能にアクセスできる一つのポイントを提供します。この柔軟性により科学者や共同制作者やパートナーは場所や時間に関わらずクラウドを通して同じデータに即座に作用でき、リアルタイムの検索の保証をする。

  • 各顧客のデータは個別の専用インスタンスに保持される。
  • インスタンスにアクセスすることはファイヤウォールとユーザー認証の二層で管理されている。
  • インスタンスへの/からの全てのアクセスは2048-bit グローバルサイン証明を使用してHTTP/SSL暗号化されている。
  • 全てのインスタンスはトレンドマイクロアンチウィルスソフトウェアで集中的に管理されている。

共同研究の中心に

  • ドットマティックスプラットフォームとドットマティックスクラウドを合わせると共同研究の進め方に大革命をもたらします。
  • ドットマティックスの柔軟で包括的なプラットフォームはプロジェクトごとのユーザーに確実なアクセスを提供します。
  • 1つのファイルをシェアするだけでなくソリューションを生成する本物のアイディアです。
  • 世界中の内部及び外部R&Dチームがデータをシェアし、新規ディスカッションを作り、革新的なアイディアとIPの創造へと導きます。

単一のテナントでデータベースを保護、管理する

  • ドットマティックスプラットフォームの個別のインスタンスとそれをサポートするインフラが各顧客に対して利用可能で、各チームの条件に合わせて簡単にシステムが較正できる膨大な容量を提供します。
  • 例えば、R&Dチームは個々のモジュールを多数の社内データベースや社外パートナーのデータベースに追加するなどの特性に適応しています。

ユーザーの希望するデバイスからの安全なアクセス

  • 簡単に複数チームによる新規共同プロジェクトを設定でき、ユーザーに対するコンピューターやモバイルデバイスでのトレーニングも一切なしに即座にデータを共有できます。
  • 協同作業者からのデータはプロジェクトメンバーの全ての人がリアルタイムでアクセスでき、24時間体制のグローバル検索ができます。
  • 社内プラットフォームは安全で非公開のAWSインフラ内に保持されます。
  • アマゾンのサーバーはISO27001認定でサポートされており、複数のSAS70タイプⅡ監査に合格しています。

利点

  • インスタンスは待ち時間を短縮するために地理的にローカライズされたデータセンターで展開します。
  • CPU、RAM及びストレージは条件に合うように変更できます-上限8CPU、64Gb RAMおよび2Tbストレージまで
  • パフォーマンスはドットマティックスのオフィスから遠隔監視しています。
  • 全てのアプリケーションと構造はドットマティックスにより管理されます。
  • 日々の、および週間バックアップは安全な現地外での場所で維持されます。
  • クラウドからのデータはスケジュールベースで現場に複製することができます。

主要な特徴

  • アマゾンの高可用性Elastic Compute Cloud (EC2)クラウド構造での展開。
  • Employs robust, industry-leading Windows Server, Apache Tomcat, and Oracle database technologies
  • 安定した業界トップのWindows Server、Apatch Tomcat、Oracle Databaseテクノロジーを採用。
弊社の事業はヨーロッパから極東まで拡大している。たくさんの分析をした結果、クラウド設備が一番弊社に合っていると決定した。それにより複数の場所から、そして遠隔地からシステムのアクセスができるようになる。科学者たちが現場にいたとしても表を通して情報を送ることができる。これは本当に実用的でコミュニケーションを円滑にできるHead of Science、非営利研究組織、UK

ドットマティックス科学クラウドホストプラットフォームはアストラゼネカ、神経科学創薬共同研究を可能にします。