ドットマティクスはユーザーエクスペリエンス、共同研究および生産性を向上させる新しい機能を備えたインフォマティクスの製品を公開

バージョン5.0は化学、ワークフロー及び基盤を大幅に改良

イングランド、ビジョップスストートフォード2016912
 情報科学ソリューション及びサービスの提供者として先導的なドットマティクスは、本日、インフォマティクスの新製品としてバージョン5.0を発表しました。新製品では、科学者チームがより生産的になり、またバイオロジクスと低分子間における組織内や外部の共同研究チームでのより良いコミュニケーションの為に大幅に増強されています。

新製品により、IT部はドットマティクスを既存のインフォマティクスランドスケープにスムーズに統合することができるだけでなく、メンテナンスの簡易化やユーザー研修の最小化、オプションのクラウド配置などにより所有者のコストが最小限に抑えられます。

ドットマティクスのCEOステファン・ギャラガー博士はこう述べています「5.0は、ユーザー体験やインターフェイス、共同研究及び基盤向上、既存の新しい化学的機能において重大な進歩を提供する革新的な製品です。我々は、電子実験ノート(ELN)、化学情報登録、インベントリー、アッセイデータマネジメント、科学的検索、業務のリクエスト及び科学的共同研究などのインフォマティクスに基づいた科学的発見の全局面において進化する顧客のニーズに対応する新しい機能、パートナーシップ及びアップグレードをバンドルしました。」

改善されたユーザー体験

より新しくシンプルな骨組みと新しいドラッグ及びELN(Studies Notebook)の為のドロップユーザーインターフェイスは、科学者が情報を速く見つけ出し共有するためのナビゲーションパラダイムを備えた直感的な再設計が含まれています。新しいインターフェイスにより、大きくて遠隔のユーザーチームのトレーニングはより迅速になり、増長されたCRO (医薬品開発業務受託機関)の配置及びすべての科学的分野の生産性を向上させる外部のパートナーをサポートします。新しい機能モニタリングツールと実験ダッシュボードは、プロジェクト管理者が内部や外部での発見プロジェクトをの進行状況を監視する能力を大幅に引き上げます。

新しく公開されたBioregisterVortexと併用すると、再設計されたELNは分子生物学者のバイオロジクス的な発見をサポートする完全に統合された営利的な解決策を与えます。

新しい共同研究サポート

Spacesは、社内や複数の企業に及ぶ分散された共同研究リサーチネットワークにおいて科学的データのコミュニケーションを促進するために設計された社会的なチームボードアプリケーションです。

基盤の高度化

5.0の新しい科学的デーダマネジメントシステム(SDMS)機能により、遠隔のパソコンに接続されている企業によって形成されたデータファイルをドットマティクスのシステムに自動的に取り込んだり保管できるようになり、音声やデジタルの重大な情報を添付することができます。そのデータファイルはELN(Studies Notebook)にすぐに組み込むことができます。これまでファイルを探す為にネットワーク内を検索しなければならかったユーザーやUSBを実際に施設内のパソコンまで持参しなければならなかったユーザーにとっては非常に大きな利点となります。さらに、5.0には拡大されたRESTfulウェブサービスAPI(アプリケーションプログラミングインターフェイス)が含まれています。これらのAPIにより、開発者はドットマティクスの機能を第三者のソフトウェア(例えば第三者のELNからの直接的なサービスとしてドットマティクスRegistrationを呼び出す)との統合が可能になり、複数の業者のオファーに及ぶ共通の科学的発見ワークフローをサポートします。

新しい化学的機能

  • 研究に使用される試薬の先導的な提供者であるeMolecules社とのパートナーシップを通して、ドットマティクスはBrowserプロジェクト内で利用可能な高度に精選された試薬データベースを提供します。これにより、5.0の中にChemSelectorという新製品が作られました。ChemSelectorにより、BrowsereMolecule社のクラウドから自動的に更新され、ITの時間とリソースが削減できます。ChemSelectorは化学者にとって重要なプロパティを計算し、化学者は実験に使用したい試薬の識別をします。
  • ドットマティクスはclogPアルゴリズム工業規格のライセンスを保有していて、5.0で計算機能を提供します。
  • ドットマティクスRegisterは、今では残基を100までサポートすることができ、より大きなペプチド分子を扱っている顧客がこれらを企業の化学的登録システムに追加できるようになります。

無料のウェビナーが112()に太平洋標準時の午前9時~10時に開催されます。ロブ・ブラウン博士とアリスター・キャンベル博士が5.0がいかに科学的チームがより効率的に外部での共同研究を可能にし、低分子及びバイオロジクス発見プロジェクトを生産的にするのかについて取り上げます。ウェビナーでは5.0がどのようにしてリサーチIT団体がドットマティクスソリューションを彼らの既存のアプリケーション及び基盤に統合し、TCO(所有者の総費用)を削減できるのかについて説明します。お申し込みはこちらから。

ドットマティクスについて
ドットマティクスは、現代的で非常に共同研究的で移動可能な科学的環境のための情報科学ソフトウェア及びサービスの提供者として世界をリードします。当社は生物薬剤、バイオテクノロジー、教育機関、飲食業、石油・燃料ガス、農薬を含む多くのバーティカル市場でソリューションを提供します。ドットマティクスのエンタープライズ規模のソリューションは柔軟でスケーラブルで立体配置可能である為、ディスカバリーリサーチから開発、製造初期に及ぶ効率の良い科学的情報マネジメントを組織全体に提供します。ドットマティクスは、化学および生物情報の管理、電子実験ノート、化学ないし生物情報の登録、スクリーニングデータマネジメント、SAR分析、レポートと可視化を含んだ情報科学の分野において高度で重要な専門知識を保有しています。ドットマティクスのソリューションは地元またはクラウド開発にて利用でき、Microsoft WindowsMac OS X及びLinuxに対応しています。詳細はこちらへアクセスして下さい。http://www.dotmatics.com.

Media Contact:
広報担当:
Marla Kertzman
マーラ・カーツマン
pr@dotmatics.com
209 852 9027

Request a demonstration or
ask us a question